憂鬱な梅雨

  • 2015.07.09 Thursday
  • 10:47
 
こんにちは、院長の松下です。


雨の日が多く、じめじめとした嫌な気候が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

梅雨の時期の蒸し暑さは、体にとって様々な変化をもたらします。

嫌な気分や体がだるいなどの症状は湿度が原因です。

東洋医学でいうと湿邪(しつじゃ)といいます。

湿邪とは体調不良などの原因により代謝が悪くなり、

必要以上の湿気が体の中に溜まることをいいます。

湿邪は主に下半身に症状を出しやすく、

腰のだるさ 足のむくみ神経痛関節痛など発症します。

また、消化吸収と水分代謝がうまくできなくなるので下痢食欲不振になります。

予防策として、適度な運動で汗を出し、

冷たい飲み物などでおなかをひやさないように気を付けましょう。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM